家族や親族で行う食事会

家族や親族のみで行う披露宴の場合、一般的に挙式のみ行うケースと挙式と食事会を行うケースがあります。会場選びとしては料理・景観・スタッフの対応などそれぞれの希望に合った会場を選ぶとよいでしょう。演出を少人数での家族婚でも結婚式や披露宴は行わずお披露目の場としてお食事会を計画するカップルは増えています。二人の結婚を祝い、家族同時の歓談を楽しみつつ食事をするのもいいですが、両親ともに話ベタであったり相手家族と初対面であったりする場合はさりげない演出を施すカップルもいます。

家族や親族で行う披露宴のさりげない演出

家族婚の披露宴では過度な演出をするケースは少ないですが、さりげない演出で親族の交流を深めることができます。まずペーパーアイテムの演出としては、招待状・席状などがあります。また、テーブルコーディネートや装花を明るい雰囲気を演出します。ウエディングケーキやキャンドルサービスを行うと家族のみの結婚式でも華やかな演出となり思い出の一つとなります。それぞれに合った演出を施し一生の思い出となる式を挙げることが大切だといえます。

家族婚での実際の流れ

家族や親族のみ集まる家族での披露宴での実際の流れとしては、一般的にまずは新郎新婦が入場しウェルカムスピーチを行います。通常は新郎新婦の紹介がありますが親族のみの場合は省略することもあるようです。その後乾杯の挨拶をし食事となります。食事の間に演出を施す場合もあります。その後ケーキ入刀・感謝の手紙などのイベントが行われます。感謝の手紙は恥ずかしいという場合、花束に添える人もいるようです。一般的な流れを忠実に行わなければならないわけではないので、それぞれが希望に沿った結婚式を行うことが重要です。

家族婚のメリットは準備が楽なことです。特に大きな披露宴の場合に必要な席次表を作らなくて済むところが良いです。