結婚が決まったら用意するもの

まずは婚約指輪です。結婚指輪とセットになっているものもあります。サプライズで婚約指輪を渡す際には単品で買っておいて、あとで相手と一緒に結婚指輪を買いに行くのも良いと思います。結婚が決まってから指輪を買うなら男性だけで選ばずに、女性の意見も聞く事が大切です。なにしろ身につけるのは女性なのです。結婚が決まったらカタログなどを取り寄せていろいろなデザインのものを比較検討します。高価なものなので、後悔しないものを購入できるように最大限の頑張りましょう。

婚約指輪は出番が少ない

高価な婚約指輪ですが、一般的には婚約から結婚するまでの婚約期間に使うものとされています。現在は結婚指輪と重ねづけできるものも多く出回っていますが、ダイヤなどのついたものはあちこちに引っかかってしまい、実用的ではありません。よくつけるのは誰かの結婚式に出席する時や、記念日デートの時です。普段よりおしゃれな格好をした時に着けると、指輪の輝きが悪目立ちしなくなります。旦那さんの会社のイベントなどがあれば、その時につけると夫婦仲の良さをアピールできます。

婚約指輪と結婚指輪のセットリング

前述したとおり、現在は婚約指輪と結婚指輪がセットになっているものが多くあります。合わせて使うこともできるし、別々につかうこともできて女性の心をくすぐります。こういったセットのものを購入しやすいのは結婚が決まってから指輪を買いに行く利点かもしれません。結婚までは婚約指輪だけ、結婚してからの普段使いには結婚指輪、何かイベントがある時にはセットでつけると場面の違いをより楽しめます。将来子どもができたら、入学・卒業式などにもつけていけます。高価なものですので、満足のいくものを選ぶことが何よりも大切です。

婚約指輪といえばダイヤモンドが大定番です。ダイヤモンドは自然界で最も硬い物質であり傷がつきにくいため、カップルが愛を誓うのにふさわしいとされていることがその理由です。