アットホームな少人数の結婚式

一般的に少人数の結婚式とは、40人以下の小規模な結婚式のことを指します。最近では、少人数の結婚式を挙げるカップルも増加傾向にあります。少人数の場合のゲストは、両家の両親と親族のみ、あるいはそれに親しい友人を加えた範囲となります。ゲストの数が少ない分、新郎・新婦がゲストと接する時間が増えますので、アットホームな温かい結婚式を挙げることができるという魅力があります。また、結婚式の内容にもよりますが、一般的にはゲストを多く招待する結婚式よりも低予算で式を挙げることができます。

結婚式の準備期間が短くて済み、全体的に楽です

招待客の人数が多ければ多いほど、準備期間も長くかかりますし、新郎・新婦の手間が増えるようになります。特に、出席者の確認、招待状の印刷、郵送、受け取りなど、招待状関連の負担が大きくなります。その点、招待客が少ない結婚式の場合には、準備期間も短く済みますし、全体的に準備が楽だということが大きな魅力となります。少人数であるがゆえに、招待状や引き出物などゲスト一人一人に手をかけた準備を行なうことができます。

授かり婚と再婚の方に選ばれる挙式スタイル

少人数ウェディングは、特に授かり婚のカップルに選ばれる傾向があります。妊娠中の新婦さんは、準備期間がそれほど多く取れませんので、少人数のウェディングであれば2週間程度の準備期間でも挙式を挙げることが可能となるからです。また、できるだけこじんまりとした式を挙げたいと希望する、再婚カップルのニーズも多い挙式スタイルとなります。また、少人数ウェディングを希望する場合には、新郎・新婦だけで話を進めるのではなく、事前に両家の両親の希望も確認しておくようにしましょう。

不況の昨今、結婚式を挙げないカップルも増えていますが、やはり式は挙げたいといった方も少なくなくありません。低料金で気軽に出来る結婚式なら親族のみがおすすめです。